検索結果: 759 件、0から50まで表示中 (0.023 秒)

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第105~108回ドラマ

    2019/02/08(金) 16:15 ~ 17:20
    豊川(眞島秀和)と船山(風間トオル)が、「悪魔くん」のテレビ放映が決定したことを布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)に知らせにやってくる。深沢(村上弘明)もそれを喜ぶが、秘書の郁子(桜田聖子)は茂と共にあり

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第81~88回ドラマ

    2019/02/10(日) 01:53 ~ 04:01
    布美枝(松下奈緒)は、深沢(村上弘明)の秘書である加納郁子(桜田聖子)の自立した姿に、強い印象を受ける。浦木(杉浦太陽)から、政志(光石研)の転職のうわさ話を聞き、経営が思わしくない「こみち書房」の先行

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第105~108回ドラマ

    2019/02/11(月) 04:55 ~ 05:58
    豊川(眞島秀和)と船山(風間トオル)が、「悪魔くん」のテレビ放映が決定したことを布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)に知らせにやってくる。深沢(村上弘明)もそれを喜ぶが、秘書の郁子(桜田聖子)は茂と共にあり

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第117~120回ドラマ

    2019/02/13(水) 16:00 ~ 17:06
    「自分は心臓が悪い」と主張する絹代(竹下景子)は、炊事や洗濯など、いろいろな家事を修平(風間杜夫)に頼むようになっていた。藍子(菊池和澄)は、相変わらず悩みを抱えていた。しかし、茂(向井理)は仕事に追い

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第121~124回ドラマ

    2019/02/14(木) 08:55 ~ 10:00
    昭和47年7月。前月に、かつての戦友と共に茂(向井理)は、戦時中に送られていたラバウルを訪れて以来“南の島”に心を奪われていた。「日本からの移住」を言いだす茂に、布美枝(松下奈緒)はあきれ顔。小学4年生

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第121~124回ドラマ

    2019/02/15(金) 01:55 ~ 03:00
    昭和47年7月。前月に、かつての戦友と共に茂(向井理)は、戦時中に送られていたラバウルを訪れて以来“南の島”に心を奪われていた。「日本からの移住」を言いだす茂に、布美枝(松下奈緒)はあきれ顔。小学4年生

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第121~124回ドラマ

    2019/02/15(金) 05:00 ~ 06:05
    昭和47年7月。前月に、かつての戦友と共に茂(向井理)は、戦時中に送られていたラバウルを訪れて以来“南の島”に心を奪われていた。「日本からの移住」を言いだす茂に、布美枝(松下奈緒)はあきれ顔。小学4年生

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第105~112回ドラマ

    2019/02/18(月) 01:40 ~ 03:52
    豊川(眞島秀和)と船山(風間トオル)が、「悪魔くん」のテレビ放映が決定したことを布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)に知らせにやってくる。深沢(村上弘明)もそれを喜ぶが、秘書の郁子(桜田聖子)は茂と共にあり

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第86~90回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/13(水) 11:30 ~ 12:54
    はるこ(南明奈)が何かに焦っている様子を、布美枝(松下奈緒)と浦木(杉浦太陽)は気がかりに思っていた。布美枝は深沢(村上弘明)に、太一(鈴木裕樹)が書いた詩を読んでもらおうと、深沢の会社を訪ねる。すると

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第129~132回ドラマ

    2019/02/19(火) 04:57 ~ 06:00
    布美枝(松下奈緒)が、藍子(菊池和澄)と喜子(松本春姫)を連れて外出して帰ってくると、茂(向井理)が早とちりをして“布美枝が子どもたちを連れて、家出をしたのではないか”という騒ぎになっていた。浦木(杉浦太陽

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第141~144回ドラマ

    2019/02/21(木) 16:00 ~ 17:05
    修平(風間杜夫)が若い女性を連れて銀座を歩いていたことをたまたま絹代(竹下景子)が聞きつけてしまい、絹代と修平の間にはぎくしゃくした雰囲気が続く。一方、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)の間にも、藍子(青谷優衣

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第145~148回ドラマ

    2019/02/23(土) 01:55 ~ 03:00
    昭和59年の秋。修平(風間杜夫)がこの世を去ってから、ひとつきほどたったある日、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)の長女・藍子(青谷優衣)のもとに、東京都の教員採用試験の合格通知が届く。“娘に水木プロの仕事

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第1~4回ドラマ

    2019/03/11(月) 20:56 ~ 22:00
    昭和14年、島根県の大塚の呉服屋の三女・7歳の飯田布美枝(菊池和澄)は、生来の引っ込み思案。厳格な父・源兵衛(大杉漣)、控えめな母・ミヤコ(古手川祐子)、優しい祖母・登志(野際陽子)、そして兄弟たちという

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第5~8回ドラマ

    2019/03/12(火) 20:55 ~ 22:00
    源兵衛(大杉漣)はユキエ(足立梨花)に見合いをさせるために、ユキエの勤める学校に乗り込み、無理やり教員の職を辞めさせる。ユキエは自由を奪おうとする父のことが許せず、家出を決行。布美枝(佐藤未来)はその手助

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第9~12回ドラマ

    2019/03/13(水) 20:55 ~ 22:00
    布美枝(松下奈緒)の父・源兵衛(大杉漣)は、新たな店舗を出すことを計画。商売の手を広げすぎることで家業が不安定になることを望まない登志(野際陽子)は、源兵衛と鋭く対立。その登志が脳こうそくで倒れ、予断を

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第13~16回ドラマ

    2019/03/14(木) 20:55 ~ 22:00
    昭和35年の秋。布美枝(松下奈緒)と、東京に住む貸本漫画家の村井茂(向井理)との見合い話が持ち上がった。茂にはまだヒット作がなく、貧しい暮らしを強いられていた。漫画で成功するべく仕事に全力投球したい茂は

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第28~34回ドラマ

    2019/03/17(日) 13:10 ~ 15:06
    布美枝(松下奈緒)は、茂(向井理)と中森(中村靖日)の近くにいることで、茂の暮らしが思った以上に厳しいものであることがわかってきた。布美枝は散らかり放題の茂の部屋を良かれと思って掃除するが、茂からそのことを

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第131~135回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/26(火) 11:30 ~ 12:56
    布美枝(松下奈緒)の弟・貴司(星野源)の葬儀も終わり、布美枝は源兵衛(大杉漣)、ミヤコ(古手川祐子)、邦子(桂亜沙美)たち家族との別れを惜しみながら実家をあとにする。調布に帰った布美枝を茂(向井理)は優

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第136~140回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/27(水) 11:30 ~ 13:05
    絹代(竹下景子)と修平(風間杜夫)は、布美枝(松下奈緒)に対し「茂(向井理)に漫画の注文が来なくなったことで、気をもみすぎることのないように」と気遣いをみせる。喜子(荒井萌)は、修学旅行のしおりに妖怪の

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第13~16回ドラマ

    2019/03/07(木) 11:05 ~ 12:10
    昭和35年の秋。布美枝(松下奈緒)と、東京に住む貸本漫画家の村井茂(向井理)との見合い話が持ち上がった。茂にはまだヒット作がなく、貧しい暮らしを強いられていた。漫画で成功するべく仕事に全力投球したい茂は

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第37~40回ドラマ

    2019/03/15(金) 06:00 ~ 07:05
    茂(向井理)は、富田(うじきつよし)の依頼で「墓場鬼太郎」の執筆に全力を注いでいた。布美枝(松下奈緒)は、出来上がったその本を宣伝するうち、自分が“水木しげるの妻”であることを美智子(松坂慶子)に知られることに

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第66~70回ABEMA GOLD

    2019/03/03(日) 15:00 ~ 16:30
    布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)は、大蔵省の役人の言葉に“ついに家を失う”と覚悟を決めていた。しかし、翌日もうひとりの役人がやって来て「土地が大蔵省のものであるというのは帳簿の記載ミスであった」とわびる

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第1~4回ドラマ

    2019/03/04(月) 17:05 ~ 18:07
    昭和14年、島根県の大塚の呉服屋の三女・7歳の飯田布美枝(菊池和澄)は、生来の引っ込み思案。厳格な父・源兵衛(大杉漣)、控えめな母・ミヤコ(古手川祐子)、優しい祖母・登志(野際陽子)、そして兄弟たちという

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第9~12回ドラマ

    2019/03/06(水) 17:05 ~ 18:10
    布美枝(松下奈緒)の父・源兵衛(大杉漣)は、新たな店舗を出すことを計画。商売の手を広げすぎることで家業が不安定になることを望まない登志(野際陽子)は、源兵衛と鋭く対立。その登志が脳こうそくで倒れ、予断を

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第36~40回ABEMA SPECIAL 2

    2019/01/30(水) 11:30 ~ 12:53
    布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)は、「墓場鬼太郎」の連載再開に胸を躍らせた。必死に原稿用紙に向かう茂の姿を見て、布美枝は何か自分に手伝えることはないかと思う。何も手助けできずにいる布美枝だったが、茂から

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第89~92回ドラマ

    2019/02/05(火) 05:00 ~ 06:02
    布美枝(松下奈緒)は、はるこ(南明奈)を連れて深大寺を訪れた。はるこは布美枝に、茂(向井理)は布美枝がいるから、漫画に打ち込めるのだと言う。布美枝は、はるこの茂への秘めた思いを感じる。はるこが東京を去った

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第51~55回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/04(月) 11:30 ~ 12:54
    茂(向井理)は、これまでつきあいのなかった春田図書出版の仕事を受けた。布美枝(松下奈緒)はこれまでと同じように、茂の仕事を手伝いたいと思うが、茂はなぜかよそよそしい態度で、布美枝を仕事場に入れようとしない

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第61~65回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/06(水) 11:30 ~ 12:53
    布美枝(松下奈緒)は無事に長女を出産した。茂(向井理)は子供を「藍子」と命名し、彼女を見守る存在として“目玉親父”の絵を描いてみせる。出産祝いに村井家を訪れた戌井(梶原善)が、漫画の出版社を始めたことを

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第21~27回ドラマ

    2019/03/16(土) 13:10 ~ 15:06
    結婚式のあと、夜になってようやく酔いがさめた茂(向井理)は、布美枝(松下奈緒)に幼いころの“のんのんばあ”との不思議な思い出を話して聞かせる。翌朝、茂はなかなか起きてこない。布美枝は修平(風間杜夫)と絹代

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第111~115回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/20(水) 11:30 ~ 12:55
    倉田(窪田正孝)は、コンクールに漫画を応募し続けていたが入賞できずにいた。倉田といずみ(朝倉えりか)は、お互いに対する素直な思いを表すことができないままだった。そして布美枝(松下奈緒)は、いずみが安来に

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第49~56回ドラマ

    2019/04/20(土) 15:52 ~ 18:00
    昭和37年、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)が結婚して1年がたった。深沢(村上弘明)からの仕事の依頼のおかげで、家計は少し楽になりかけていた。茂は深沢の出版社で、少女漫画家を志す河合はるこ(南明奈)と出会

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第57~64回ドラマ

    2019/04/21(日) 15:52 ~ 18:00
    布美枝(松下奈緒)は、しばらく赤羽で過ごすことを決意し、茂(向井理)にそれを伝える電報を打つ。茂は布美枝を迎えに赤羽まで突然やって来ると、帰り道の公園で「子どもを持とう」と布美枝に言う。布美枝の悩みは晴

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第149~152回ドラマ

    2019/02/25(月) 08:55 ~ 10:00
    教師の仕事を頑張っていた藍子(青谷優衣)だったが、しだいに元気のない様子を見せはじめ、梅雨に入るころには、かなり追い詰められたようなことばを口にする。目立たない子どもの“よいところ”を、クラスじゅうに紹介

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第117~120回ドラマ

    2019/04/15(月) 08:55 ~ 10:00
    「自分は心臓が悪い」と主張する絹代(竹下景子)は、炊事や洗濯など、いろいろな家事を修平(風間杜夫)に頼むようになっていた。藍子(菊池和澄)は、相変わらず悩みを抱えていた。しかし、茂(向井理)は仕事に追い

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第117~124回ドラマ

    2019/04/15(月) 16:00 ~ 18:10
    「自分は心臓が悪い」と主張する絹代(竹下景子)は、炊事や洗濯など、いろいろな家事を修平(風間杜夫)に頼むようになっていた。藍子(菊池和澄)は、相変わらず悩みを抱えていた。しかし、茂(向井理)は仕事に追い

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第121~124回ドラマ

    2019/04/16(火) 08:55 ~ 10:00
    昭和47年7月。前月に、かつての戦友と共に茂(向井理)は、戦時中に送られていたラバウルを訪れて以来“南の島”に心を奪われていた。「日本からの移住」を言いだす茂に、布美枝(松下奈緒)はあきれ顔。小学4年生

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第125~132回ドラマ

    2019/04/17(水) 04:55 ~ 07:05
    布美枝(松下奈緒)は、茂(向井理)たちから戦争中のラバウルで起こったズンゲン支隊の「幻の総員玉砕」の話を聞く。藍子(菊池和澄)は、クラスメートの留美子との関係で悩んでいることを祖母の絹代(竹下景子)に打

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第153~156回(終)ドラマ

    2019/02/26(火) 08:55 ~ 10:00
    調布の村井家を、久しぶりに雄玄社の編集者・北村(加治将樹)が訪ねてくる。数年間文芸誌の編集部に在籍していた北村は、久しぶりに漫画の現場へ復帰することになり「雑誌『週刊少年ランド』に、新しく“鬼太郎”の連載

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第41~44回ドラマ

    2019/03/18(月) 10:55 ~ 12:00
    布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)は、音松(上條恒彦)が金に困って自分たちから借金をするためにやってきたことを知り、驚いていた。音松のために、いくらかでも用立ててやりたいが、茂は富田(うじきつよし)のやり

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第17~24回ドラマ

    2019/03/23(土) 05:50 ~ 08:00
    布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)の結婚式は、見合いの日からわずか5日後の1月30日に決まった。異例のスピード結婚となったため、布美枝と源兵衛(大杉漣)、ミヤコ(古手川祐子)は慌ただしく準備を進める。姉の

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第13~16回ドラマ

    2019/04/30(火) 08:55 ~ 10:00
    昭和35年の秋。布美枝(松下奈緒)と、東京に住む貸本漫画家の村井茂(向井理)との見合い話が持ち上がった。茂にはまだヒット作がなく、貧しい暮らしを強いられていた。漫画で成功するべく仕事に全力投球したい茂は

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第126~130回ABEMA SPECIAL 2

    2019/02/25(月) 11:30 ~ 12:54
    藍子(菊池和澄)は、学校で留美子に対する態度をはっきりさせることができ、ようやく笑顔を取り戻した。久しぶりに布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)のもとを深沢(村上弘明)が訪ねてくる。「ゼタ」の売れ行きが振るわず

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第21~24回ドラマ

    2019/05/03(金) 05:05 ~ 06:10
    結婚式のあと、夜になってようやく酔いがさめた茂(向井理)は、布美枝(松下奈緒)に幼いころの“のんのんばあ”との不思議な思い出を話して聞かせる。翌朝、茂はなかなか起きてこない。布美枝は修平(風間杜夫)と絹代

    【ドラマCHで放送中!】連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第124~128回ABEMA GOLD

    2019/04/21(日) 14:00 ~ 15:30
    茂(向井理)のもとを、戦時中ラバウルで同じ隊に配属されていた三井(辻萬長)と笹岡(井之上隆志)が訪ねて来る。布美枝(松下奈緒)は、茂たちの交わす会話から、戦争中に南の島で彼らが体験したさまざまな出来事を

    一挙連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第137~144回ドラマ

    2019/04/22(月) 16:05 ~ 18:20
    漫画家になる夢をあきらめて郷里の山梨に帰った河合はるこ(南明奈)が久しぶりに村井家を訪ねてきた。はるこは小学校の教師を目指して努力を重ね、この春ようやく本採用が決まったという。はるこの学校では、子ども同士

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第145~148回ドラマ

    2019/04/23(火) 10:55 ~ 12:00
    昭和59年の秋。修平(風間杜夫)がこの世を去ってから、ひとつきほどたったある日、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)の長女・藍子(青谷優衣)のもとに、東京都の教員採用試験の合格通知が届く。“娘に水木プロの仕事

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第149~152回ドラマ

    2019/04/24(水) 10:55 ~ 12:00
    教師の仕事を頑張っていた藍子(青谷優衣)だったが、しだいに元気のない様子を見せはじめ、梅雨に入るころには、かなり追い詰められたようなことばを口にする。目立たない子どもの“よいところ”を、クラスじゅうに紹介

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第153~156回(終)ドラマ

    2019/04/25(木) 10:55 ~ 12:00
    調布の村井家を、久しぶりに雄玄社の編集者・北村(加治将樹)が訪ねてくる。数年間文芸誌の編集部に在籍していた北村は、久しぶりに漫画の現場へ復帰することになり「雑誌『週刊少年ランド』に、新しく“鬼太郎”の連載

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第5~8回ドラマ

    2019/03/05(火) 06:00 ~ 07:10
    源兵衛(大杉漣)はユキエ(足立梨花)に見合いをさせるために、ユキエの勤める学校に乗り込み、無理やり教員の職を辞めさせる。ユキエは自由を奪おうとする父のことが許せず、家出を決行。布美枝(佐藤未来)はその手助

    連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第9~12回ドラマ

    2019/03/06(水) 06:00 ~ 07:10
    布美枝(松下奈緒)の父・源兵衛(大杉漣)は、新たな店舗を出すことを計画。商売の手を広げすぎることで家業が不安定になることを望まない登志(野際陽子)は、源兵衛と鋭く対立。その登志が脳こうそくで倒れ、予断を